劇団きらら


85年に代表池田美樹を中心に結成。以降、熊本市を中心に活動。
一貫して代表池田美樹のオリジナル作品を上演。作品の多くは作・演出を担当する池田が現代社会に着想を得たもので、独自の視点で現代劇を数多く生み出している。稽古でエチュード(即興劇)を重ね、役者の口から出る生の言葉を作品に取り入れる手法が特徴。舞台ではコートハンガーや脚立などの無機物と役者のマイムとで劇場内にあらゆる空間を自在に作り出す。
また、演劇をツールとして活用した“自己表現ワークショップ”も展開中。ゲーム形式で楽しみながら、自然にコミュニケーション能力を培い、自己表現力を高める内容が企業や学校、生涯学習の分野で好評を得ている。
イベントやCM出演等の活動も多数。現在、団員6名。

劇団きららの「星の王子さま」(撮影:藤本彦) 「コデ。」(撮影:藤本彦)

 

「こども廃業」

 

「踊り場の女」(撮影:藤本彦)

熊本で活動する劇団や公演情報

Top